今がチャンスの訳とは...

 

 住宅購入、今がチャンスの訳とは...

 

 

なんで“今”がチャンスなの?平成26年4月から消費税が5%から8%に増税しました。住宅は多くの人にとって人生で最も高額な買い物であり、その市場の状況は日本経済に大きく影響を与えます。そこで増税に伴い、国は住宅関連市況の悪化、そして景気全体の落ち込みという連鎖の対策として、住宅ローン減税の最大控除額拡充と新たな施策であるすまい給付金制度を開始しました。

                                                        

 

 

 

購入のメリットって?住宅購入することで対象となる制度として≪すまい給付金≫があります。すまい給付金とは、消費税増税後に自らが居住する住宅を購入すれば国から給付金が支払われる制度です。新築住宅、中古住宅のいずれも対象となります。指定の検査を受けるなどで住宅の品質や耐久性が確認できることが条件です。また、給付金額は住む世帯の収入によって異なります。

 

                                                       

 

 

 

どのくらいお得なの?住宅ローン減税とは、住宅ローンの金利負担を軽減するため、年末のローン残高の1%を所得税から控除する制度です。10年間継続して控除が受けられ、所得税額がローン残高の1%に満たない場合は13万6500円を上限として翌年の住民税からも控除できます。2013年の住宅ローン減税の最大控除額は200万円(一部300万円)ですが、消費税の増税後は400万円となります(一部500万円)。つまりローン残高と所得税によっては増税後の方が200万円多く税金が戻ってくるということになります。

 

 

               住宅ローンシュミレーションをしてみよう!

 

 

 

住宅ローン減税とすまい給付金は、どちらか一方だけ使えるという訳ではありません。